四季のパレット

日々出会う自然のワンシーンを届けます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

変わりゆく秋景色

白骨樹1

時折流れる温泉の湯煙。

白骨樹2

霞んだ山並。

白骨樹3

一つの命が終わっても立ち続ける白骨樹は、印象的でした。
これからいつまで季節の移り変わりを見守り続けるのでしょう。
いずれは変っていく秋景色です。


スポンサーサイト
  1. 2012/10/28(日) 23:51:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

醒めない夢

醒めない夢1

朝になっても、少しも太陽が見えて来ない。
夜の続きが、終わらないのではと、思ってしまいます。


醒めない夢2

少し明るくなると、青白い森が広がっていました。
この立ち枯れの木達には、何があったのでしょうか?


  1. 2012/10/24(水) 11:00:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

燃える秋を探して

燃える秋色1

燃えるような秋色を探して歩きました。
沢山の中で、一番美しいドレスを着ていたのがこの蔦漆です。


燃える秋色2

草紅葉はほんのり優しい秋色。

燃える秋色3

深紅のナナカマド。
集めてみると、こんなに秋色がありました。


  1. 2012/10/22(月) 22:56:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

霧立つ沼

霧立つ沼1

時間ができたので、春にも訪れた沼に向かって見た。
うっすらと立つ霧に、うっとり。
できた写真は、奥が黄葉が進んでいたらね・・・という出来ですが、
すがすがしい朝を独占して、幸せな朝でした。


霧立つ沼2

実はこのところ毎度おなじみの小島です。
また来たよ・・・。


霧立つ沼3

草達の秋は、木々より少し早いのですね。
小島の草紅葉です。


  1. 2012/10/21(日) 21:26:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

高原の朝

高原の朝1

高原の朝。
少し明るくなると、清らかな流れの向こうに、木々の姿が見えてきた。


高原の朝2

びっしりと纏った蔦漆は、これから、ますます赤い色に染まるのだろう。

高原の朝3

そこは、美しい水が生まれるところでした。

  1. 2012/10/20(土) 22:55:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一縷の光

一縷の光

一縷の光明という言葉を思い出しました。
雲の間から一瞬射しこんだ夕方の光はきれいでした。


一縷の光2

そして、ゆっくりと暗い雲が広がり、一瞬のドラマが
終わっていきました。


  1. 2012/10/17(水) 15:08:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気まぐれな秋

気まぐれな秋1

いつもなら真っ赤なナナカマドが迎えてくれるのだろうが、
今年の秋は、かなり遅れ気味。
朝方雷雨だったというのだから、秋というより、夏の終わりのようです。


気まぐれな秋2

やっと見つけた秋の色。
追いかけているうちに、だんだん光が弱くなり、また、土砂降りが。


気まぐれな秋3

雨上がりの森に入った。
久しぶりの森で、しばらく、どうして良いのか、呆然としてしまう。
ブナの幹に、先ほどの雨の通り道が光っていた。


  1. 2012/10/13(土) 16:12:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋満ちて

秋満ちて1

遅れに遅れた紅葉。
旅の最後に、やっと、秋色の競演に出会いました。


秋満ちて2

日差しを浴びて、輝くようでした。

秋満ちて3

  1. 2012/10/11(木) 18:49:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

揺れるコスモス

揺れるコスモス1

彼岸花群生地歩きの途中で、コスモスに会いました。
接近中の台風で、揺れる所を撮れると思ったのですが…。
また、次回の宿題になってしまいました。


揺れるコスモス2

でも、画面いっぱいに広がるコスモスを楽しみました。
次は、いよいよ、山の秋に会いに行きます。


  1. 2012/10/04(木) 12:46:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の秋

彼岸花6

黄金色の田んぼと彼岸花。
いつの間にか、こんな季節になっていたのですね。


彼岸花7

田んぼを荒らす小動物から守る為に、球根に毒がある彼岸花が
植えられたとか・・・。
でも、飢饉の時には、毒を抜いて、貴重な食糧としたそうです。
恐るべし、彼岸花と、人の知恵!


彼岸花8

田んぼという字を見つけました。
先日の台風で、やはり、皆、倒れてしまったそうです。


  1. 2012/10/03(水) 12:39:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。