四季のパレット

日々出会う自然のワンシーンを届けます

ホワイトアウト

ホワイトアウト

ここに落ち葉が存在したことを、誰も知らない時間が始まります。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/31(火) 12:17:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

空からの手紙

空からの手紙1

降りしきる雪は、空からの手紙。

空からの手紙3

墨色の流れを残して、全てを白に塗りつぶしていきます。
  1. 2012/01/31(火) 11:53:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里山の雪

里山の雪1

明け方から降り出した雪は、あっという間に、里を非日常の世界に塗り変えました。

里山の雪2

雪かきは大変でしょうが、見ている者には、ただただ美しい朝でした。
  1. 2012/01/28(土) 15:29:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幻日

幻日

何も無い朝だと思っていたけれど、この時、幻日が出ていたらしい。
もっと良く見ておけば良かったと、撮影姿勢を反省の一枚です。
  1. 2012/01/26(木) 14:56:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

静かな幕開け

静かな幕開け1

今頃・・・!なのですが、2012年の初めてのシャッターを押しました。
静かな幕開け2

穏やかな美ヶ原の朝です。
  1. 2012/01/25(水) 17:45:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御一行様

御一行様1

去年の冬に会った、鹿の御一行様。
大好きなヤナギランを食べ尽くし、日本の風景を変えちゃった一味なのですが、
こうして出会うと嬉しい。


御一行様2

ヤナギランを食べ尽くすほど鹿が増えたのも、温暖化の影響かもしれない。
皆、生きるのに必死です。

  1. 2012/01/17(火) 18:17:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

恥じらい

冬牡丹1

あでやかな春の牡丹も良いですが、真冬の寒さにうち震えている姫君のような、
藁づとを背にした冬牡丹が好きです。
この時は、三脚禁止の札に気付かず撮影したのですが、知ってしまった最近は、
さすがに三脚を立てられず、思うように撮影できていません。


冬牡丹2

恥じらう姫君です。
今年も会いに行こうと思います。

  1. 2012/01/12(木) 18:18:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

氷の宮殿

氷の宮殿1

流れている水が凍っていく。
不思議な、心ひかれる世界です。
ファインダーを覗き込むと、そこは、氷の宮殿の入口でした。


氷の宮殿2

ふと見ると、おばあさんが私を睨みつけています。

氷の宮殿3

「ここに近寄る者は、皆、この姫のように、氷に変えてしまうよ。」

氷の宮殿4

気がつくと、日は傾き、誰もいない川に、水の音がするばかりでした。
この姿は、皆、氷に姿を変えられた者達なのでしょうか。

  1. 2012/01/09(月) 22:11:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

空澄んで

空澄んで

雪の予報だったのが、快晴になりました。
  1. 2012/01/07(土) 13:06:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光の滴

光の滴1

周りの霧氷があまり良くなかったので、しばらく霜で遊んでしまいました。
霜のジュエリーです。


光の滴2

  1. 2012/01/07(土) 12:56:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ