四季のパレット

日々出会う自然のワンシーンを届けます

海霧の中で



海霧が流れると、馬のいる風景が一変しました。
長い間、並んで、じっと固まっていました。
私の存在など、全く意に介していません。
馬耳東風とか、馬の耳に念仏って、こういうことかと。


スポンサーサイト
  1. 2018/07/12(木) 18:24:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

馬鹿の絵

DSCF6787.jpg
 
原生花園に放牧された馬たちが、無心に草を食べています。
そこに、ぽつーんと、一頭の鹿の姿が・・・。
もう帰ろうかと、閉まいこんだカメラを、もう一度、ザックから取り出しました。

DSCF6795-2.jpg

やったー!
「馬鹿」の絵、完成!
しょうもないですね。こんなことばかり、考えています。


  1. 2018/07/08(日) 21:21:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の花園


 
原生花園では、エゾスカシユリが、六分咲きくらいでした。
傷んだ花もなく、きれいでした。

DSCF6093.jpg

小鳥たちは、今、子育て中。
花野の中に作った巣の近くの、同じ枝に止まってくれるので、
小鳥を撮ったことのない私にも、はっきりかわいい姿が見えました。
とても綺麗な装いは、ノゴマのオスです。
すっかりはまってしまいました。
拡大してみたら、ちゃんと虫をくわえています。


DSCF6092.jpg

メスは、少し地味ですが、なかなかかわいい顔です。
ハマナスの枝がしなって、揺れる揺れる。


DSCF6005.jpg

今回は、北海道の湿原に咲くフタマタイチゲに、初めて会うことが
目的の一つでしたが、雨の中、小さな一輪が、待っていてくれました。
花びらに見える萼片が少し傷ついていますが、記念撮影。


DSCF6931.jpg

クシロハナシノブも最後の花を咲かせていました。
終わりかけでも、自然に咲いている姿は、一番美しいです。


  1. 2018/07/05(木) 22:20:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の晴れ間



梅雨の晴れ間、花の状態、自分の時間。
タイミングが合うことは難しいのに、今年はチャンスを逃してしまいました。
しっかり反省して、来年は、頑張ろうと思います。


  1. 2018/06/20(水) 18:41:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマボウシに会いに行く



梅雨入りした箱根の山に、山法師に会いに行きました。
以前、霧の中で、ここで野ウサギに会ったのですが、今日は遭遇せず。
雉の声ばかりでした。


DSCF5253.jpg

この枝は、這うように咲いていたので、上から目線で。
霧は出ませんでしたが、雨上がりで、しっとりきれいでした。
小さめの花がかわいい。


DSCF5274.jpg

いつもノアザミが咲くところ。
暗い森に、水色の青空が見えてきました。


DSCF5332.jpg

晴れあがると、途端に、花を写すのは難しくなります。
湿生花園の木陰の、センジュガンピ。可憐です。


DSCF5374-2.jpg

久しぶりに会った、英彦山(ヒコサン)ヒメシャラ。
梅雨時の花は、白が多いですが、白といっても色々な白がありますね。
これも、ちょっと好きな花です。


DSCF5369.jpg

箱根バラとも言われている、サンショウバラ。
ほとんど終わりでしたが、最後の一輪を見つけました。
一輪をじっと見る花だなと思います。
気がついたら、カメラに触るのは一月ぶり。
カタクリ&桜ロスでしたが、重い腰を上げて出かけると、夢中になりました。
雨上がりの澄んだ空気。箱根の深い緑の中で、すっかり癒されました。

  1. 2018/06/08(金) 22:01:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ